電卓そろばんだけで簡単に収支の計算ができると思ってんの?

大学在学中に付き合っている彼の子どもを妊娠し、そのままできちゃった結婚をしたママ友は、社会に出ることなく専業主婦になった。だから子どもが大きくなるにつれ、彼女に社会に出たいという欲求が高まり、遂に地元の創作料理店でパートとして働き始めることになった。これがもう、すごい張り切りようなのだ。

財務諸表など | 大学の概要/学部・研究科

大学生時代に飲食店でのアルバイト経験があったことで、その創作料理店でもかなり使えるパートさんになったことは周囲も認めるのだが、仕事が楽しすぎるのか、自分の仕事以外のことにもどんどん手を出し口を出すので、他のパートさんたちは困ってしまう。時給にならなくてもお店に顔を出し、接客だけじゃなく材料の仕入れや配達までこなすので、オーナーは喜んでいるが、パートの時給並みの仕事しかしない他のパートさんたちの立場というものがなくなる。接客業には向いているのだろうが、そもそも周囲の和を重んじるということができない人なのだ。

つばさ税理士法人はコチラ

周囲に煙たがられていることにも気が付かず、将来は自分で何か飲食関係のお店を持ちたいと夢を語り出した彼女に、他のパートたちは陰で冷ややかに陰口を叩いている。パートとして飲食店に勤めるのと、オーナとしてお店を持つのとでは格が違う。社会経験がほとんどないただの主婦だったくせに、電卓そろばんだけで簡単に収支の計算ができるとでも思っているのだろうか。

株式会社カプコン | キャッシュフロー計算書

飲食店だろうとどんな仕事だろうと、オーナーになる人は、対お客様でも対従業員でも、人間的に信頼されなければならない。ただ業界に慣れているとか仕事が早いと言うだけでは、どこかのオーナーにコマのように使われるのが関の山で、オーナーの側になれる重さはない。面白いからとノーギャラでお店に顔を出すのをやめ、まずは自分の働いた対価としての賃金を正しくもらい、自分自身の仕事の価値を理解できないなら、下の人間を評価して賃金を与える経営者にもなれないだろう。