自慰行為では物足りない夜

大概の性処理は自慰行為、つまりマスターベーションだということが分かりました。しかし、どうしても女性の肌のぬくもりを感じたいときってありますよね。自慰行為の後にとてもむなしくなった経験、ありますよね?そんなときに風俗にいってみたりするんですけど、それもまた寂しさを増徴させてしまったりする事があります。人間の性って本来すばらしいはずのものなのに、溜まった性欲を処理する行為は必要でもあるけれど、できれば性行為をしたいというのが男の本心なのかもしれません。



ところでシトルリンを飲むと精力が増強するって話を聞いたことはないでしょうか。なんでもそのために悩める中年男性達にシトルリンサプリメントが馬鹿売れしているという噂がありますが、本当のところどうなんでしょうね。まあ、私はそんなものなくても全然大丈夫ですけどね!



勘違いされたくないのは、なにも自慰行為がはずかしい行為だといっているのではありません。あれはあれで絶対に必要なことですし、決してはずかしいことなどではありません。しかし毎日毎日オナニーばっかりだとさすがに飽きてきてしまうのです。それこそエコカー減税がいい例ではありませんか。自分でするのもいいですが、誰かにしてほしいときだってあるんです!なのにいまの私には風俗しかその術がない。それが少し寂しいだけなのです。確かに風俗もお金を払えばいくらでも気持ちいいことをしてくれるのでありがたいです。きっと今いっても気持ちよくなれることでしょう。でも捻くれ者のわたしは、プレイが終わってお金を払うときにかなしい気持ちになると思うのです。